2019年04月21日

グヤトーン・スチールギター#4

 HG-206 はい、出来ました!
HG206_3.jpg

ちょっとビンテージ楽器の音に関する部分っていじるのに躊躇してしまいますが、まぁいいですww。ん〜それにしてもこのコンデンサーがデカイ。いろいろ試した結果ボリュームポットを4時方向に、トーンポットを10時方向に回して固定したら何とか付きました。青くてかっこいいなぁ。
HG206_4.jpg

ネジ止めして仕上げですが、ネジがなめてるものが多いのでホームセンターで金色の皿ネジを購入。ぴったりでした。弦はSITのフラットワウンド弦。ヌルッとした感じかなと思ったけどそれほどフラットでもないような気がする。ん?セミフラットって書いてある!なーるほど、ラウンドワウンドとフラットワウンドの中間だと言われればそんな感じです、確かに!

 さて、気になる音ですが、トーンの効きも前よりいいし輪郭も出てます。もしかするとコンデンサーは0.033uFでもよかったかな。でも明らかに良くはなってると感じられます。こりゃ満足だ!ん〜こうなると、HG-188Cの方もいじりたくなってくるなぁ・・・。
posted by nobby at 13:00| Comment(0) | ハワイアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

グヤトーン・スチールギター#3

グヤトーン・スチールギターHG206の方。
音がこもってて何となく輪郭がない。おそらくグヤトーンのピックアップが一番の原因だと思うんだけど、ポットとコンデンサーを変えれば少しは良くなるかなと思い、新しいものに付け替えようと思います。そこで、今回注文したのはボリューム用ポット、トーン用ポット、コンデンサー、アウトプットの4点です。
HG206_2.jpg

写真のものはポットはどちらもSCUD製500KΩA、コンデンサーはMONTREUX製Retrovibe Oil Capacitor 0.047uF、アウトプットはSWITCH CRAFT製の物です。ポットに関してはボディのザクリが狭く、オリジナルが18mm径と小さいものなんだな〜。それは手に入れるのが面倒なので16mmのものを使います。んで、シングルコイルピックアップは大体250kΩのポットが使用されるようですが、高音と輪郭を出したいので500KΩをチョイス。コンデンサーはテスコのスチールギターをレストアした時はSprague製のオレンジドロップ(フィルムコンデンサー)を使いましいた。今回はちょっと変わったこともしてみたいので、オイルコンデンサーにしてみました。容量は悩んだんですが結局0.047uFしました。ん〜それにしてもコンデンサーがデカくて入るかどうか心配だ〜。
HG206_1.jpg

これがオリジナルのものです。コンデンサーはZEUS製だなぁ。ま、50年経ってる割にはきれいな方ですね。ピックアップからの線は大丈夫だけど、ピックアップセレクターとボリュームポット、アウトプット間の白いコードがちょっと劣化してる模様。
ってところで今日はこの辺で。また明日〜・・・。
posted by nobby at 15:07| Comment(0) | ハワイアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

ベースの弦

スチールギターメンテのパーツ注文ついでに、ベース弦も注文。
IMG_3822.JPG

 SIT(USA製)をチョイス!「SIT」の正式な会社名は「The Stay-In-Tune String Company」(SITのサイト)芝浦工業大学ではないですww。SITはギターは勿論、スチールギター、バンジョー、マンドリンの弦まで作ってます。結構評判がいいので、今回初めて使ってみることにしました。今張っている弦は定番と言ってもいいダダリオの弦を使ってますが、時々色々と試すようにしています。アーニーボール、ロトサウンド、リチャード・ココ、ワーウィックといったところでしょうか。中でもリチャード・ココのニッケルは良かったように思います。(イタリア製のハンドメイド弦)ただ、テンションが緩めなので34inchの5弦ベースとかは注意が必要ですね。それと案外良かったのがワーウィックのニッケル弦。何がいいってコスパが良すぎ!700円くらいで買えちゃいます。音もまぁまぁだし長持ちもします。包装はちゃんと真空されてるし〜。
 包装でいうと今回のこのSIT弦が入ってる袋には「VCi」のロゴがプリントされている!
IMG_3823.jpg

VCiは以前何かで見て知ってたのですが、防錆剤ですよね?「VCi」は袋にプリントされている通り「Volatile corrosion inhibitor」というらしいのですが、調べてみたらやっぱり”気化性防錆剤”ってことらしいです。ナイスパッケージ!
posted by nobby at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

グヤトーン・スチールギター#2

さてさて、グヤトーンスチールギターHG-188Cの続報。
IMG_3818.jpg

 ご覧の有様になっております。バラしたはいいが、だんだん面倒くさくなってきました(笑)分解してわかった不具合が2点ほどありまして、まず指板を外したところ、白い塗料がベリベリっと少し剥がれてボディ側に少し付いてしまっている。あとピックアップ周りのプレートを固定しているネジが劣化して折れている。しかも8本も。これは前にテスコのレストアした時(記事)にもありましたね。今回8本だもん厄介だなぁ。あ、あとピックアップセレクターのスイッチに若干ガリが出る程度です。ん〜どうしようか・・・思案中。ま、音がちゃんと出るので今回はきれいにお掃除するくらいにしようかなと思うんだけど、ちょっとボリュームもトーンも、ポッドが気持ち悪いくらい真っ茶色になってるので、電気系は交換したいってのもある。でもでもそうすると昔の音が出ないし・・・とか。
おそらくこの調子でいくと、電気系は何もやらないと思う(笑)
 んで、写真下の方にあるHG-206の方、ずーっと放置していたのでこっちも分解してもう一回きれいにします。これは中のポッドとアウトプット、キャパシターも交換予定です。パーツは注文したので近々アップします。
 あ、そうそう!スチールギターの8弦セットは PICKING PARLOR の1択なんでしょうか? 安価なERNIE BALLのEB-D8と云う8弦セットが販売終了してしまって見つからない。倍近い値段差があるんでなかなか買えませんよぉ。ちなみにHG−206の方は SIT STRINGS のセミフラット弦を発注しました。580円いいね!
posted by nobby at 09:57| Comment(0) | ハワイアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする