2014年06月28日

Teisco スチールギター #5

なかなか組み上げられないテスコのスチール・・・。
早いとこ何とかしないと、来年まで持ち越しになっちゃう危機感。
今日土曜日も午後から仕事だったので、午前中にやりました〜
ボディと金属パーツの磨きも終えていたので、今回は電子系。外した時の写真がこちら
Teisco ST-12.jpg
これを、ポットとコンデンサー、アウトプットを交換しました。ボリュームとトーンのポットはともに500kΩのBカーブ。コンデンサーは0.03μFの所謂オレンジドロップ。アウトプットは国産のもの。
St-cleanup-6.jpg
このオレンジドロップ、うまく収まるかどうか心配でした〜。かなり手こずりましたけど、なんとか収まりました!
St-cleanup-8.jpg
ちょっと失敗したのは、トーンのポットをBカーブにしたこと。普通、トーンのポットを交換する時はAカーブのものを使用するのですが、このスチールのオリジナルがBカーブだったのでそうしました。ダメだ〜効き具合が急すぎる〜・・・。

あとは組み立てだけ。それが終わったら弦張り。スチールギター弦セットって高いですよね。今までカノープスとかで使われている、PickingParlorのAm7仕様のセットを使ってましたが、なんだか値段が高すぎて・・・。「ゲージが同じならいいんじゃね?」っていうことで、おなじみD'Addario弦のばら売りを買いました。720円で済みましたぁ!半額以下だよ〜。ちょっと4弦のテンションが心配でしたがまったく問題なしでした。
St-cleanup-9.jpg


はい!てなわけで出来ました!
St-cleanup-10.jpg

全く問題なく音出ますよ。ジャンクとあきらめないで、皆さんもいろいろ自分なりにカスタマイズしたり、作って遊んでみてください。
勿論失敗してもいいような値段で買ったものだから、恐れずにいろいろいじれるのですけどね=これ前提)ちなみにジャンクで購入した時の写真はこちら
Teisco St-1.JPG

「Teisco スチールギター 全5回」・・・・終了
posted by nobby at 22:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スティールギター修理記事を楽しく拝読させていただきました。不器用な私にとってはただただ感心するばかりです。
Posted by 蜂 吾郎 at 2014年06月29日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: