2016年03月28日

KALA U-BASS いろいろ

最近は楽器を手にするのが週に1度しか・・・。
なんだかんだで時間が足りませ〜ん。ま、そんな中でも比較的出してるほうかなぁっていうのがKALAのU-BASS。(それでもほとんどケースに入ったままですけどね)以前にも書きましたが今所有しているものは二代目です。やっぱり独特の音がいいですよね。音の太さと短めのサスティーンでウッディな雰囲気がいいです。

最初に手に入れたものはエキゾチック・マホガニーのモデル。
uBass2.jpg
見た目も価格帯も一番人気だと思われます。定価は6万円ですが販売価格では42,000〜45,000円程度でしょうか。ほんの数ヶ月使用してすぐ譲ってしまいました。その後、しばらくFenderのジャズベばかり使用してましたが、あの音が恋しくなり、またジャズベが重くてめんどくさい・・・っていう歳にもなり、モバイル性重視!
ということで2代目を。
IMG_1819.JPG
これはアカシア・コアのモデルで、定価は100,000円で、最安の販売価格は70,000万円といったところでしょうか。ですがセールで48,000円で手に入れました!このモデルは日本国内では最上位の位置になるのかな?よくわかりません。日本以外では「ALL KOA」という30万くらいするのもあるみたいです。

さて、このU-BASSで結構な人が思うところがあるのではないでしょうか。指の置きどころ。おそらく「フィンガーレストを付けたいなぁ」とか思ってる方、いるんじゃないですかぁ?正確に言うと「Finger rest」ではなく「Thumb rest」ですね。親指かけ。以前KALAのサイトでオプションとしてあったような気がするんですが、今現在はKALAのサイトを見ても見当たらないんですよね。僕は面倒なんで自作しちゃいました。(記事はこちら
海外ではこういったものがありますよ!
8816675_800.jpg

1443585976000_1179918.jpg
3種類のものが1つのパックになっていて、Thomannでは35ユーロ! た、た、たけぇ〜〜・・・。4,500円くらいっすか。(もっと安いところもあります)購入者のレビューによると「ヘフナーのボディに穴を開けたくなかったので良かった」ってのがありますね。U-BASSだけじゃなく色々に使えそうです。また、先ほど言ったKALAのオプションだと思われたものは、3タイプのうちの中央に写っているような「まが玉状」の形状で色が透明のものだったような気がします。(やっぱそれがいいなぁ)

あと、ケース。
使用しているアカシア・コアモデルは、ギグケースではなくセミハードケースのようなものなんですが、それでもやっぱりちょっと不安です。んで、今狙ってるのが約1万円のハードケース。
case.jpg
フェンダーみたい(笑)

最後にですね、U-BASSユーザーさんが口を揃えて言うことがあるんですけど、4弦の出力が弱いんです。1、2、3弦は「ボン・ボン・ボン」ときて4弦で「ポ〜ン」みたいな〜。(笑)これは使用されているピエゾの周波数帯域とかの関係なのでしょうか。重低音まで拾えてないような感じになってます。
ま、音は出ますからいいんですけどね(エヘッ)
そんなところです。
posted by nobby at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: