2016年09月26日

弾きこみ促進装置?

↓↓↓ これ、何かわかりますか? ↓↓↓
tonerite-guitar-3g-2.jpg

ギター・エイジングマシーンだそうです。
取扱販売会社によると、「擬似的に演奏時の振動状態を作り出し、それぞれの楽器がもつ潜在的なサウンドを呼び覚ます画期的な製品」とある。要するにこれを弦にセットして、その装置が僅かなバイブレーションをおこし、弦に振動を与え続けるってものですね。よって「弾きこんだギター」にするわけですね。な〜るほど!ちなみに連続で最長72時間までセットできるようで、効果が出始めるのもこのくらいからのようです。実売価格1.5万円くらいですね。

詳しくはこちら
株式会社ワンダートーン/ToneRite

ん〜、こんなものまであるんかぁ〜、よく考えるわぁ。
ギターは弾いてナンボ。弾きこまないと鳴りません!的な・・・
そんなところありますからね。ギターを何本も持ってる人とかにはいいですよね。効果のほどはわかりませんが、ケースにしまっておくよりはいいのかなと。ヴァイオリンや、アコギ、ベース用など種類もいろいろあるみたいです。一時期は僕もギターやベースを何本か持ってたけど、結局は使うものって決まっちゃうんですよね。手元に置いて眺めたりしてましたが、ずっとスタンドに立てっぱなしの楽器を見ると、妙に暗い感じに見えちゃう。ボデイは磨いてるんだけど楽器自体が輝いてないっていうか、なんかこう・・・表情が泣いてる感じがしちゃう。楽器の墓場にみえます。使わないのは売ってしまって第二の人生を歩ませたほうが絶対楽器にとっては幸せだと思います。使わないのに置きっぱなしってーのは間違った愛情です。飼い殺し。
posted by nobby at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: