2020年06月19日

1999年の数曲を

ちょっと昔の音源を整理してみました。
今回、21年ぶりに引っ張り出してちょっといじって2020リマスターバージョンとしてやってみました。演奏そのものは当時のままなんですが、新たにDr.Wolfgangというドイツのお医者さんのボイスを入れ「ストップ!コロナパニック」のテーマにしてタイトルも変えてみました。(ドイツ語なんで”PANIK”です)ちなみにシンセはシーケンスでベースは手弾きです。

Panik (1999) 2020 Remastered Virsion
- Stoppt Die C19 Panik -

 1999年、今から21年前に作ったものです。当時DAWでやったのかどうかよくおぼえてないんですけど、たしかPower Macの8500と9600があって、そのどちらかに友人からもらったStudio Visionを入れていたと思います。違うかな・・・?いやぁわかんないや。ま、それは置いといて〜、今回の音源はStudio Visionは使ってなくて、当時の使用機材のKorg X3・Roland JV2080・AKAI S01をMIDIで繋いでX3のシーケンスで走らせた演奏をSonic Studioで録って、そのあとに手弾きのベースをSonic Studioに入れたと思います。MIDIで繋いでX3の内臓シーケンスで演奏してるんでどうしてももたつきがありましたねぇ。
 僕は中学生の頃イギリスのバンド"JAPAN"が好きでした。なかでもミック・カーンのベースは最高でしたね。亡くなってしまい残念です。それと変態的なベースラインを奏でるパーシー・ジョーンズ。彼のベースは80年代に中西俊夫さんや佐藤チカさんたちのセッションバンド"MELON"を聴いてはじめて知りました。アルバム"DO You Like Japan?"では細野晴臣さん、高橋幸宏さん、土屋昌巳さんというすごい豪華なゲストメンバーが参加のアルバムでした。(今でも大事に保管しています)この"MELON"はのちに屋敷豪太さんも加入していますね。
 話がずれてしまいましたが、そういった個性あるベーシストが好きでよく聴いていました。それの影響で・・・まぁ、マネですよね。そのマネから入って作ったものです。昔に録ったもので音も演奏も悪いし、恥ずかしいので隠してました〜w ですがもう数曲あるのでそれらを投稿しちゃいます。よろしくお願いします。今回はこの辺で。
では、また!
posted by nobby at 11:51| Comment(0) | オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]